採用ブランディング認定ディレクター

Director 採用ブランディング認定ディレクターのご紹介

窪田 司

窪田 司Tsukasa Kubota

コォ・マネジメント株式会社

出身校:香川大学
特技:セミナー受講
Webサイト:https://co-management.co.jp/

■経歴
2006年 
香川大学卒業後に地域金融機関に就職、経営企画部門にて事業計画策定や収益管理などを担当する。
2010年 
中小企業診断士に登録し、翌年に社団法人中小企業診断協会岡山県支部理事に最年少で就任する。
2011年 
人事部門に異動し、最年少で主任に昇進する。人材育成や新卒採用などを担当し、岡山県の就職人気ランキングにてトップ10に入るなど実績を挙げる。
2014年 
中小企業診断士として独立を果たし、大学の非常勤講師や公的支援機関などで経験を積む。
2016年 
キャリアコンサルタントの登録とともに活動領域を人事部門に集中していき、新入社員研修や新卒採用を中心に活動の主軸を移す。
2017年 
中小企業の経営を改善していくには、人材不足を解消することが必要との考え、中小企業の組織・人事の課題を扱うコォ・マネジメント株式会社を設立し、代表取締役に就任。

コンサルタントとしてのクライアント実績は50社以上、セミナー実績は500回以上。売上150%、初挑戦で新卒採用成功、採用成功率91.6%など様々な成果を生み出した実績を持ち、導入後に人気ランキングを果たしたクライアントも複数。

中小企業診断士
キャリアコンサルタント

一般社団法人岡山県中小企業診断士会 会員
一般社団法人香川県中小企業診断士協会 会員

■自己紹介
企業の経営力を強化するという大きな命題に対して、様々なアプローチはあると思いますが、私が専門とする地方の中小企業にフォーカスした場合、人材の採用は大きな問題だと考えます。
「業界で地域1位になる」「年商を10億にする」などの企業のビジョンに対して、熱意と覚悟を持って取り組む社長の右腕となる人材や将来を担う人材を採用するために必要な人材要件などを社員に共有していくことで、最強の採用チームを作り、企業の採用力を強化していきます。

社長が考えているビジョンを実現するために、本音を話せる採用チームを構築し、担当者による採用ではなく、企業としての採用力を高めていきます。

採用という競争激しい業務を担当することで自分たちの行動の結果が目の前で数字として出ることでメンバーの表情が変わり、プロジェクトの熱量が高くなり、社員の自主性やリーダーシップが開花する。そんな経験を、これまでに何度も体験してきました。

「中小企業のうちに新卒採用は無理でしょ」
「今まで採用に苦しんできたのに急には…」

思わずそう感じてしまうような高い採用目標に対して、どうすればできるかを一緒に真剣に考え、机上ではなく、実務の中で創意工夫を重ねる。

企業のビジョン実現への第一歩はそこにある、そう信じています。

■パートナーディレクターになろうと思ったきっかけ
日本で初めて理論化、体系化された採用ブランディングという概念を聞いたときに言語化できていなかった採用の法則がそこにはあるように感じました。
採用ブランディングには正しく行えば、必ず結果が期待できると確信できるような科学的な理論と豊富な実績がありました。一方で採用におけるプロモーションの一部を採用ブランディングと勘違いされるケースも多く、正しいノウハウが埋もれていることにもったいなさを感じました。採用ブランディングが正しく企業に理解されれば、企業の採用の課題を減らすことができる、という想いがパートナーディレクターになったきっかけです。

私が代表取締役であるコォ・マネジメント株式会社は中小企業経営を専門にするコンサルタント会社です。採用ブランディングなど正しい採用知識を中小企業に届けることだけでなく、中小企業の競争力を高め、中小企業経営者のビジョン実現を目的としています。

まだまだ私自身が成長の途中ですが、中小企業が支える日本を元気にするためには中小企業で働く人を増やし、将来の人材を採用するというマッチングを実現することだと信じています。

正しい採用ブランディングを一度手に取ってみてください。

PAGE TOP